BLOG

今年は地元足立区で認知度UP成功

昨年からちょこちょこ活動してきましたが、

今年は足立ブランド認証から

あだち広報紙の一面になり

足立ブランド若手の集まりに加入して

足立区の新製品開発講座(年末に発表会)

足立区のローカル放送でたり

足立区のボーリング大会実行委員幹事を先週終えて

チラシ作り、告知、会計、景品、司会、全部やって

できること、頼まれたことは

全部やってみました。

昨年まで足立成和金庫の経営塾も入ってきましたが、

活動限界で抜けて、

もうこんなにやってるの、俺だけなんじゃぐらい

足立区関連の勉強会コンプリートしました。

 

製造コスト、つまり土地、人件費の高い東京で

それにみあった分を見い出だそうとしていましたが、

要は元とろうと貧乏根性だしてましたが

 

 天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず

 

意味は調べてください!笑

なんだかんだ地の利をと思っていましたが

足立区に住む人、働く人たちに成長させてもらい

よくしてもらいました。

なにかあった時、困った時、

近くに助けてくれる人がいる。ありがたみ

どんなにお金があっても手に入らない

とても価値のあるものだと思います。

最終的には

マーヤの菅谷さんちの社員かー

サービスしとくね

って町で言われるようにしたいです。笑

この前台風で足立区も避難勧告が出て、

近くの学校に避難所が設けられましたが、

人と人とのつながりが改めて大事だと

デジタル化した今だからこそ

浮き彫りになってきたと感じます。

 

もちろん仕事面でもコラボできることも

たくさんありますから

みんな服きてますから

足立区民69万人ぐらいいますから

こういうと腹黒くなるので

人と人とのつながりが良き一年になりました。

行政のお墨付きの足立ブランド認定は特に

会社として信用度が増したかなと思います。

 

先週のボーリング大会と懇親会が

大変だったけど、成功してホッと一息しています。

残すとこあとは忘年会と

新製品発表会が控えています。

口だけじゃなく

ちゃんと行動もしているってとこ発表します。

来年からもうこんなに足立区づくしでやらないから

最後のもうひとがんばり!

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

日本の縫製工場

この前のJUKIセミナーを踏まえて改めて整理すると

日本の縫製事業者数8206社(162,471人)アパレル工業新聞調べ

洋服のmade in Japan は数量ベースで2.4%

2019はもう2%切ってくる下降ペースです。

ただ数にたいして金額ベースでは22.3%あるのが

海外製品と比べ高額というより、海外が安すぎる。

工業用ミシン世界シェア1位のJUIも98%は輸出

栃木にある大田原の工場に入社当初に研修合宿で工場内を

見させてもらいましたが、国内で製造するのは特殊ミシンのみ

最新の本縫いデジタルミシンも中国製だ。

海外製品が悪いといっているわけじゃなくて

全く同じ製品を作れるところが2つあって、安い方を選ぶのは

当然です。

じゃあもう日本で製造するのは終わりなのかといえば

そうではないと信じています。

JUKIが国内で特殊ミシンを作るように、

特殊なもの高付加価値のあるもの、定番ではなく大量生産が難しいもの

特殊な技術を要するもの などなど

特殊なもの

 

グラフの数値をみればわかるように

今のままで日本の縫製加工は

持続可能なビジネスモデルではないです。

 

先月に新潟にある交流のあった縫製工場が

廃業したと聞き、とても落ち込みました。

僕と歳も近く、同じような立場であり

今までにも増して悔しく、

怖い気持ちもあります。

 

なのでいつも考えます。

 

みんなクローゼットは洋服でいっぱいだし

コップが溢れるほど注ぎ続けるのも

最近は疑問に感じています。

自分自身も最近は洋服の数を減らし

本当に気に入った洋服をレギュラーと控えにして

ワンチームで全く着ない洋服をなくし

新たに買う時も自問自答し、慎重です。

04.jpg

洋服が世界中に行きわたった次は

お直しや、リメイク、縫製塾やシェアスペース

モノを1から作るより、足し算、引き算していく

技術を売る、教えることDIYや

ミシンなど工業用機械をシェアすること とか

 

最近はなんでもサスティナブル(持続可能)の言葉が

溢れていますが、リサイクルなんちゃら商品だけでなく

SDGs、エシカル(倫理)、トレーサビリティ(追跡可能)

フィロソフィー(哲学)など

カタカナだらけですが(流行り用語を言いたかっただけ)

情報社会でアパレル業界も

厚いカーテンに覆われている不都合な真実も

どんどんメッキが剝がれていきます。

 

ごちゃごちゃになってきたのでまた改めます。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

小野莫大小工業がマーヤ佐原工場から近い件

鎌倉シャツの特設ページ

マーヤは東京と千葉に工場があるのですが、

スタッフや取引先の人は千葉の工場を

佐原(さわら)工場と呼んでいます。

今は香取市になりましたが、佐原駅から

車で10分のところに弊社工場があります。

すぐ近くに繊維開発の工場があるとは。。

ちょっと知っていましたが

確かJクオリティーに登録されていたようなので

ボケーっと好きな鎌倉シャツのサイトを見ていたら

びっくりしたので、思わずブログに書きとどめておきます。

佐原の小江戸と呼ばれる古き良き町並みの動画も

特設ページにあり、とっても素敵なので、

オススメです。

僕も入って一年目は佐原工場に住んで修行していました。

ほぼ引きこもっていましたが笑

成田の少し先にあって、非日常の日帰り旅行に

ちょうどいいと思います。

ウナギが有名、あとサツマイモ

 

ちなみになんで佐原に工場建てたの?って

よく聞かれます。

答 近くに祖父の実家があります。

 

小野莫大小工業さんといつか産地コラボしよ。

まずは見学に行ってみよかな。

鎌倉シャツ着て。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

僕の中で最も役に立った勉強会1位はJUKI改善セミナー

マーヤに入社した当初に受けたので

今回が2回目の参加になりましたが

改めて土日の休みを利用して学びました。

ミシンの実働時間は8時間の労働のうち

1時間、多くて2時間

他の時間に費やす時間の方が多いというデータから

無駄な動作をいかになくすかに焦点をあてて

速く動くというより、最短、最小、両手、重力など

ありとあらゆる現場環境を分析改善する方法を実践形式で

学びます。

辻洋装店さんのブログにまとめてあるので

勉強会の様子はこちらからどうぞ

改善セミナー2019(辻洋装店ブログより)

 

いつもわかりやすく丁寧に教えてくださり

日本のみならず世界の縫製工場を改善する

JUKI講師の山田先生、外園先生

お誘いいただき、お休みにも関らず

全体を統括してくださった辻豪さんに

感謝いたします。

 

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

IMG_20191023_183403_613.jpg

https://youtu.be/3-5WRfdzL_0

22日の模様がYouTubeに上がっているので、

よろしくお願いいたします。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る