BLOG

01 17

120%

20200117_204302.jpg

http://fashion-izumi.jp/blog/archives/5653

水出さんのブログ

悩みや、日々思っていることが

僕一人じゃないと思えると元気がでます。

 

縫製工場は家族経営のとこがほとんどです。

建前では技術継承やらものづくり美談になりますが、

社長は朝5時半から仕事

僕は6時半から

母は仕事プラス外国人実習生の面倒をみたり

家族が120%働いている

昔は150%ぐらいだったかも

僕は小さい頃ずっと母方の祖父母の家に預けられてたぐらい

 

これを当たり前にしたくなくて、

ちゃんと利益を出しながら投資していきたい。

技術がー、っていう割には全く投資してなかった。

昨年は東京工場で新しいミシンやアイロン

千葉工場では稲荷田先生の指導で

けっこう変わりました。

楽になるために苦労するか

これが貧乏暇なしで一生涯続くかで

大きく違う

両親二人がいなくなれば

僕一人ではまかないきれない

だから今から準備しろと未来の自分が

ずっと言ってる気がします。

今は何かできる余力がある。

営業中はずっと裁断して、仕事終わりや

隙間、休日

昔の人みたく無為無策のままでいたくない。

8FBB0A10-0BF1-4A40-A7F8-174D5FE0F8C5.jpeg

 

僕はマーヤに入社して早々に

業界のことを教えてもらいましたが、

上の人達何してんだ 怒

って思いましたが、働いてみて少し気持ちはわかりました。

僕も前職は「ありがとう」が口癖でしたが

今では「すみません」ばっかりになり染まったなと

思います 笑

 

縫製工場のいろいろな集まりに参加しますが、

縫製工場の後継者で僕より年下には

会ったことがありません。

当然だと思います。

僕も一年でやめようとしてました。

逃げるのか?って父に言われ

エヴァンゲリオンの碇シンジ君的なかんじで

ここまで使徒の襲来も防ぎながら

ちょっとは成長しました。

状況も少しずつよくなり

良い取引先も増えて

今また できる時期 だと思います。

 

マーヤが100できたことを

僕が入ったことで120にしたい

両親が引退したら80ぐらいになってまうから

その前にやれることを、やるべきことを

421BD286-161D-4529-B23E-0D7F9B1C8944.jpeg

 

この業界は底辺まで下がったから

今少しずつ上がっているから大丈夫

服が作れるってそんじゅそこらの人は

できないし価値のあることです。

メイドインジャパンの技術を磨いて価値をあげる。

雑なもの、粗悪なものになれば終わりだけど

fw_mij_ex.png.rx.image.full.704091429.jpg

評価が低くなっているだけで

ちゃんと評価してくれる人はいるし

多くなると思う。

でも待っているだけじゃなく

無為無策じゃなく

2020 の会社沿革は何になるか

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

求人 内職・まとめ屋さん

🆕求人

まとめ仕事 内職・在宅 
足立区近郊・香取市近郊の方 
随時募集しております。
自宅でできる針仕事です。
釦付け、カギホック付け、裾まつりなど。
菅谷か小山田がご自宅まで伺い、集荷もします。

🎍あけましておめでとうございます🎍

今日から仕事はじめ!

仕事が終わり夕飯から両親が

仕事のことでケンカしておりますが、

夢や理想を語り合う

みたいな熱い展開は大歓迎ですが、

僕は黙々とブログを書きます。

お互い理想を言い合ってるんですが、

否定しあっているので、

それいいねで肯定しあったらいいのに

 

言っても否定されるのが

目に見えているから

僕の最近は事後報告にしています。

勝手にやるしかないのよ。

みんな真面目でとっても素敵なことだけど、

その力が暗黒面にいかないように

 

ブレーンストーミングのルールを

玄関に貼っておけばいいかな。。

 

家族経営はいろいろ大変です。

20200106_202318.jpg

最近Twitterをよく見てますが、

堀江さんの言葉が胸に染みます。。

 

苦労するのが当たり前ではなく、

楽になるために今頑張るのであって、

家族の違法労働が常態化し、本来利益の出ない仕事を

利益をだすようにすることは問題提起しなくては

なりません。

お客さんにとって安くて良い人で

自分の家族には悪い人になってないか

なんのために、だれのために?

考えさせられました。

 

そして

今年から個人的に

工場長から専務取締役になりました。

マーヤに入社して5年

20代後半を仕事に費やしてきました。

友達も減ったし、婚期も逃し

30歳、実家住みの子供部屋おじさん

失ったものも多いですが、

尊敬できる人との出会いや、勉強して

成長して、少しはマシになりました。

とやかく言われるこの業界ですが

未来は明るいと信じています!

 

それをちょっとづつ証明してみせるので

見ていてください。

 

まず変えたいこと 2020

つまらん作業を機械化する。

ストレスがたまるような単純作業や、繰り返し

機械的な作業は思いきって機械化

 

費用効率がいいように

午前中だけ稼働とかではなく、24時間稼働が理想

365日利用するのが理想

電気代がかかりすぎるのもダメ

すべて取り壊して0にするのではなく

なるべく古いものも生かし、リノベーションが理想

よく2代目、3代目がやりがちだなと思うのが、

とりあえずお金かけて設備投資することです。

昨年佐原工場に稲荷田先生に技術指導していただき

教わりましたが、失礼ながら物がなかった時代

知恵をしぼる、工夫するという能力がずば抜けて高いと

思いました。0円の投資を全部やっているか?

なんでもかんでも買ってばかりで

消費してばかりじゃないか?

いつも自問自答します。

創業者の人もそんな人が多いです。

無駄をなくす。

物を捨てる、プライドを捨てる

習慣を捨てるのも時には大事。

何かを得るためには、捨てないと

会社も頭もゴミ屋敷状態になる。

 

 

いっぱい書きたいことはあるのですが、

今日は早く寝ます。

 

今年は皆様にとって良い年になりますように

休み明け頑張りすぎて体調崩されませんように

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

メリークリスマス

http://adachi-brand.jp/interview-company/marya

以下足立ブランドHPより掲載記事抜粋

▶まず御社業務について教えてください

社長:直接のお客様は婦人服のアパレルやメーカーです。お客様から材料をお預かりし、裁断し、縫製して納品するという仕事です。また、現在は自社ブランド「マーヤ」の製造も行っており、工場直結ファッションブランド「ファクトリエ」さんのECサイトで販売しています。

▶顧客には有名なブランドが多く含まれているようですね。でもここに至るまでにはいろいろと大変なこともあったのではないでしょうか

社長:弊社は、1959年に父が設立しました。当時は「スガヤ洋裁所」という社名で、以後アパレル1社の仕事だけを何十年もずっと受けていました。それが変わったのは、その会社が倒産してからです。昭和60年(1985年)ごろのことです。

▶いきなり仕事がなくなったわけですね。当時社長はどんな立場だったんですか?

社長:当時はまだ大学生でした。夜学で、日中は午後4時までこの会社でアルバイトとして働いていました。この会社を継ぐという気はあまりなかったんですが、周りの社員の人から「継がないの?」なんて聞かれることもあったりしました。また、仕事をやるうち、自分が意外にも器用であることに気づき、細かい仕事が好きだったこともあって、「これはこれでいいかもしれない」と思い始めたころでした。以後は、親会社倒産のショックからどう立て直そうか必死になりましたね。

▶具体的にどんな形で立て直そうとしたんですか?

社長:できるだけお客さんを増やそうと努力しました。実は、親会社倒産以前から1社がこけてもぐらつかないように、不定期的にちょこちょことよその仕事もやっていたので、0からの出発ではなかったんです。都心に近いので、できるだけお客さんに顔を出し、たとえばサンプルを持っていったり、先方の要望を直に聞いて持ち帰ったりという細かいところを地道にやった。できるだけ信用を取って、一回始まったらスポットで終わらないように長く続けるというスタンスでやっていきました。そのおかげで、3社になり、5社になり、10社になり、今は11社くらいになったんです。苦しかったですね。今工場長がやっている苦労の3倍4倍はあったかな。

▶その後のバブル崩壊の影響も大きかったのではないですか?

社長:大きかったですね。とくにアパレルはどんどん潰れました。そのせいで仕事は半分に減りました。仕事を増やそうとしたけど、工賃が安く、数をやっても売上が落ちるといった具合で悪循環でした。当時、国が中小企業対策の緊急助成金を実施しました。無担保で5千万円まで借りられ、5年で返却するというもので、うちも借りましたが、これを返せなくて廃業した同業者がかなりいました。
そのあと、バブル崩壊の影響から回復しかかっていた時期に来たのが、中国など海外製品やファストファッションなどの台頭です。この影響で国内のアパレルが軒並み安いものを作ろうとし始め、工賃がさらに安くなったんです。「これはもうだめだ。高いものをやるしかない」ということになり、それまでは中級の百貨店ブランドの数が多かったんですが、以後はセレクトショップや自社ショップが銀座にあるような高級ブランドを顧客のターゲットにしたんです。

▶より高級なものとなると、要求される技術もより厳しくなるのでは?

社長:高級品になると、デリケートな生地が使われることが多いんです。これを縫製するためには、ミシンのスピードを落とし、ていねいにやる必要がある。いつものペースでやるとどうしても縫いずれやピリつき(縫い目周辺に出る細い波状のしわ)などが起こりやすい。その感覚、くせをつけるまで、縫ってはほどいてを繰り返すんです。うちの売上げは社内では全部オープンにしているので、「このブランドの仕事がやれればひとりあたりの工賃がこれだけ上がる」ということをみんなに伝え、みんなでがんばりました。このブランドだったらできる。それができるようになったら、ちょっと上のブランドを目指すという形で階段を昇るように少しずつステップアップし、今は目指していたところまで来ました。

▶経営的な苦境を技術力の向上によって乗り切った、まさにものづくりとしてあるべき姿だといえますね

社長:生き残るために、やむにやまれずやってきた結果です。でも、不良とも言えないような部分を指摘され、収めた製品が全部不良扱いになって、直しとなることもいまだにあります。思うところはありますが、そこはもう勉強だと思うほかはない。こういった経験を積み上げ、みんなで次に向かっていくしかないですね。

▶ところで、工場長はどんな経緯で入社されたんですか?

工場長:もともとファッションなどに興味はなく、親の会社に入ろうなどとは全く考えていなかったんです。大学では生命科学を専攻し、就活でも当初は食品や医療関連企業を狙っていたんですが、ふとしたはずみからファストファッション系のアパレルに入社しました。店舗で販売を経験したのですが、安い服は値段をさらに落として最終的にはワゴンに入れられたり、ダンボールの中で服が雑に扱われたりするのを見て、「一生懸命作られた服がこんなになっちゃうのか」と心が傷みました。店舗から日本製の商品が完全になくなり、中国製やミャンマー製が出てきたりするのを見て、残念に思うようになったんです。
一方、父の仕事を傍目で「大変そうだな」と思っていましたが、でもよく見ると粗雑に扱われない服を父は作っていた。このままでは父の仕事がなくなってしまう、自分にできることはないかと考え、3年で退職しこの会社に入社したんです。
社長:この仕事は、大変なことの多い商売だと思っているので、親としては自分の好きな道に進んでくれればいいと考えていたんですけどね。

▶入社にはいろんな想いがあったんですね。ところで、自社製品の展開については工場長が主導的に行っているようですね

工場長:うちは、細メロウなど技術力が強みです。でも下請け仕事ばかりではその強みが見えづらい。そこで、自社の強みを生かした自社製品を開発し、昨年の7月からファクトリエを通じて販売を始めました。

▶立ち上げてからまだ1年ですが、どうですか?

工場長:形をできるだけシンプルにし、細メロウをふんだんに入れ、飽きのこない長く売れるものにしたんですが、売上げとしてはまだまだといったところです。ただ、今回やってみて製品づくりの体制に関わる課題が明らかになったので、次からはその点も踏まえ、より多くの方に着ていただけるものを作りたいと考えています。こうしたことを繰り返しやることによって、着実に売れるような形にしていきたいですね。またいずれは自分たちで販売できるようになれればと思います。

 

▶今後会社としてどうしていきたいとお考えですか?

工場長:うちの強みは技術力なんですが、技術についてもっと知ってもらわないと正当に評価してもらえないと思っています。縫製教室でもいいし、これだけ時間をかけて商品が作られているという動画でもいい。技術を可視化し、もっと広げていきたいと考えています。
社 長:縫製工場として技術を磨き、より付加価値の高いものが作れる会社にしていきたい。ゆくゆくはうちで作った商品にプレミアが付くといったところまで目標にしてやっていきたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菅谷智社長は、1964年生まれ。大学時代は夜学に通いながら同社でアルバイトした。1987年に同社に入社。2000年に社長就任。高校時代からバレーボールに親しみ、後に高校時代の部活OBで結成したチームで足立区内で優勝という輝かしい経歴を持つ。
菅谷正工場長は、1989年生まれ。大学卒業後、ファストファッション系アパレル企業に入社。3年後に同社入社。高校時代は陸上部に所属し、インターハイのリレーで全国大会出場。父親同様優れたアスリートとしての側面を有する。

 

なぜか忙しい時ほどチャンスがくる。

ラーメン屋で行列が行列を呼ぶように

バタバタ現場がしている中

チャンスがやってくるパターンが多いです。

暇になってやっぱり欲しいと思っても

チャンスが2度、3度訪れることはそうありません。

普段営業時間は現場で裁断をして

仕事終わりにブログだったり、SNS

勉強会、企画だったり

変化を起こすには体力消耗戦になります。

が、今やっておけば

将来の自分が楽になる。他の人が楽になる。

「働くとは他を楽にすること」と

前職の社長がよく言ってましたが、

最近前職の社長の言葉シリーズが身に染みて

きました。「21世紀は人柄の時代になる」とか

「忙しいという漢字は心を亡くすと書く」とか

ふとした時によく思い出します。

 

今年4月から隔週金曜日新製品開発講座を

17時半~21時まで受けていて

先週発表会がありました。優秀賞を

いただきましたが、まだまだで

僕がやれたのは、埼玉県八潮市にある

相澤染工所さんに行って藍染したり、

千葉県市川市に行って金子さんに

パターンをお願いしたり、

途中でボーリング大会の幹事やら

いろいろやり過ぎて、仕事も慌ただしく

中途半端になってしまいました。

雑記

まだ継続して来年こそは自分のやりたいことを

形にできればと思います。

 

僕の立場ではいくら綺麗に裁断しても

当たり前で、縫製場から間違えを指摘されたり

縫製の責任も担っているので先方からもダブルパンチで

たまに心の亡い言葉を浴びせられることもあります。

品質基準が高いので、減点方式になってしまいますが

マーヤスタッフはとても優秀だと思いますし

だからこそ僕はこうして発信や現場外でいろいろ動けます。

あいつ本業以外で余計なことばっかりしているからミスするんだ

という意見もあると思います。

 

言い訳がましいですが

全部ひっくるめて、笑われてもバカでいいので

チャンスをつかませてください。

 https://loftwork.com/jp/project/goodsurvive2019

前置きが長くなりましたが、これに応募しました!

ゴリゴリの繁忙期真っ盛りの中でやるので

ご協力よろしくお願いいたします!

まだ選考通るかわかりませんが

トークイベントや展示会出展、工場ツアーなど

話題が目白押しになるので

ご期待ください。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る