BLOG

20190820_184807.jpg

デザイン

パターン

生地・付属発注

縫製工場

倉庫

店舗

 

すべて分業されており

厳密にはもっと細かい

これに最近ECが加わっただけで

ずっとこのシステムで洋服を供給し続けています。

輸入品が増えて、日本で作る人は減り

海外で作る人が増えました。

消費量は変わらず、輸入供給量は増え続け

需要と供給のバランスが崩れます。

売れ残り、値下げ処分に歯止めがきかず、

リスクのしわ寄せはまず下請けにきます。

04.jpg

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4182/

このうち国内供給量の97.7%は輸入品

 

価格競争の成れの果ては、利益を過剰に追及し

農薬盛りのコットンで原料の生産量を上げ

染料は下水処理せず川へ垂れ流し

粗悪な環境の低賃金で労働を強いる。

発展途上国は最低賃金を上げると

産業が国外に出ることを危惧し

生活が困難な給料を最低賃金とする。

法律は犯していないと、知らぬ顔で

産業が成り立ってしまいます。

詳しくは映画をみて↓

ABC3EBE6-3577-4291-9D5D-DDB65F2AEDFF.jpeg

デザインやパターンは売れている商品をパクリ

安く生地をつくり、安い人件費で洋服をつくる。

大量につくれば同じ簡単な1つの工程を繰り返す

誰でもできる仕事となり

コストも下がる。

 

売り場の商品を見ても背景は見えず

品質表示に国の名前があるだけです。

 

一方日本の工場では近年

外国人実習生の問題が世間を騒がせましたが、

問題の根本はあまり報じられず

下請け工場を責めるだけで、解決できていません。

そもそもフェアトレードができていない問題があり

僕ら所属する団体は生き残りをかけて

適正加工賃見積もりシステムを作りました。

アクトシステム

https://acct.yuka-alpha.net/acct.html

まだまだ認知度も導入工場や実績は少なく

理解を得られにくい現状ではあります。

 

僕らの縫製工場は多能工

1つの工程だけでなく、臨機応変に様々な工程をこなすことができる。

小ロットのものが多く、毎年同じ洋服を作ることはほぼない。

デザインが変わり、季節が変わり、アイテムも様々

 

ただ技術を持った素晴らしい縫製工場でも廃業してしまいます。

同じ足立区で唯一知り合いの工場も一昨年廃業してしまいました。

どんなに素晴らしいデザインや企画があっても

それを形にしてくれる工場がなくなっています。

 

もう従来のシステムでは欠陥だらけ

変わらないと生き残れない現状で

どうしていくのか?

なんでそんな業界で菅谷は働いてんねん!

次回は未来のポジティブなブログにまとめます!

 

※マーヤの取引先の方には

大変良くしてもらっています。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

building_fashion.png

僕は元アパレル販売員(ファストファッションの)

新潟、神奈川、大阪、茨城と4店舗を転勤し

業務は接客、レジ、発注、商品整理、VMD

ストック整理、掃除、売り上げ報告

店長になると、シフト管理、教育、他店調査

本部会議など

だいたいこんなかんじです。

閑散期だったり、オープン時、平日

あとは夜も暇でした。

セールや繁忙期はタイムセールしたりで

バタバタして、ストックルームでうなだれるように

栄養ドリンクを飲む先輩を見て

販売員だけに明るい未来を感じられず

いったい何歳までこの仕事はできるんだろうと

真剣に悩んだ時期もありました。

ヘルプでほかの店舗も経験させてもらい

3年間でなんとなくわかった気になって

やめてしまいました。

販売員楽しかったし、またやりたいですけど

洋服を売るだけだとつまらないです。

1つしかできないと、代えがききますし、

やめてもたいして引き留められもしません。

転職する時のスキルとしても魅力に思われない。

自分の仕事を冷静に客観的にみて、そんな経験をしました。

アパレル接客+縫製だったり、+バリスタだったり、+バーテン

とか暇な時間もロスがないようにだったり、

来店するキッカケに安い商品やポスターや告知以外に

なにかやれるとおもしろいです。

 

例えば北千住にあるセレクトショップ×バー

https://www.fashionsnap.com/article/2019-01-25/select-gallery-and-bar-baku/

Instagram-image

お酒を作りながら、服の説明をする店主

お酒を待ちながら、店内を見るお客さんの空間が

とても有意義な時間でした。

匂いを発するおつまみができないのが難点だけどね。

 

ウチの取引先のファクトリエさんだと

店舗はサンプル試着のみでネットで注文

カフェも併設するお店をやるみたいです。

https://camp-fire.jp/profile/Factelier/projects

アパレル企業のカフェや飲食店だと

https://www.baycrews.co.jp/business/food/

http://ronherman.jp/whatsnew.php?s=1&cate=6

 

あとは×縫製だと

http://ropa-pura.com/page/about.html

文化服装学院の集まりで名刺交換したことある人で

自分で作って在庫管理できるので、売れ残りがほぼないように

調整できるそうです。なくなってほしい人いれば作ればいい。

 

あと気になっているのが

これまた北千住のセレクトショップ

https://www.wwdjapan.com/articles/721171

靴磨きサービスをやっていたり、

お客様のカルテを作って接客する。

顧客を徹底的大切にする。

 

ファストファッションブームで

レジに行列を作り、ワゴン商品に乱雑に在庫を積んだ光景に

すっかり慣れてしまっていましたが、

消費税が増税されるようですし(僕は反対です)

最低賃金も上がる昨今

消費することや、自分の仕事やスキルにたいして

僕らも洋服を作るだけでいいのか?

改めて考えているお盆期間です。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

text_yasumi.png

お休みです。

何かありましたら、

問い合わせ、Facebook、インスタ、ツイッター、LINE@

メッセージはスマホでチェックしているので

受け付けております。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

07162031_5d2db59f8001e.jpg

https://factelier.com/products/detail.php?product_id=13688

【工場文化祭 日程】
日時:2019年8月3日(土)
時間:12:00(11:30開場・受付開始)〜18:00(19:00閉場)
   ※途中入場・途中退場可能
場所:LIFULL  (東京都千代田区麹町1-4-4 8F)
人数:先着100名様
金額:大人 1,000円、未就学児・学生 無料

   ※飲み物、軽食をご提供します。
   ※チケット等の発送はございません。当日お名前にて確認させていただきます。
   ※複数人で参加される場合は、ご同行者様のチケットもご購入ください。
   ※ものづくり体験は別途体験チケットのご購入が必要となりますのであらかじめご了承ください。


【トークセッション】

1. 工場トークセッション1:「自社ブランドの挑戦〜道のりと舞台裏に迫る〜」

<登壇工場>
 クスカ株式会社 (京都)
 株式会社マーヤ  (東京)
 株式会社レッドリバー (岡山)

 

昨年は僕が登壇しました。

菅谷家は祖父から共通して弱点が

人見知りのあがり症であること。。

今年は社長が登壇します。

 

場数をふむことである程度

弱点は克服できます。

逆に伸びしろでもあり、

業界にも顔が広く、栄枯盛衰を見てきた社長の言葉は

重みもあり、かっこいいです。

僕は社長のやってきたことを代弁することが大半

なんで直接公の場で発信できることが嬉しいです。

 

お時間のある方はぜひ!

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

2C7A991B-FC5E-410B-9C62-B06D8D834569.jpeg

http://adachi-brand.jp/certified-company/marya

足立ブランド認定企業で紹介されています。

昭和34年に創業。先代から現社長、さらには後継者へと三代に渡りメイドインジャパンの服飾作りを続ける縫製工場。薄物から厚物まで幅広いアイテムに対応できることに加え、「細メロウ」と呼ばれる高度な加工技術を武器に、数々の有名ブランドの縫製を手掛けるなど、業界からも大きな信頼を勝ち得ている。
また、分業制が確立する業界の中で、デザイナーやパターンナーと信頼関係を築いているのも同社の特徴。そのネットワークは技術力の向上や取引先の拡大に確実に繋がっている。さらに、後継者である工場長が自社ブランド「マーヤ」を立ち上げ、今後の展開が期待される。

紹介記事より抜粋

今月インタビューや動画撮影もしてもらえるので、

また随時更新していきます!

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る