BLOG

僕ら工場は洋服を作って納品するまでがゴール

前回のブログでも書いたように

作ったものを使っている人は知らないし

直接関わる機会はないです。

6月1日土曜日にタイトル通り

ファクトリエさん企画の親睦会を開催しました。

お客様が10名、ファクトリエ4名、マーヤ4名

マーヤから班長が出席予定でしたが

体調を崩して、急遽妹を招集し、菅谷一家で参加。

夕方に銀座へ。。。

はじめての機会なので、上手く喋れるかとか心配でしたが

おかげさまで、楽しく有意義な時間になりました。

嬉しい感想もあり、料理もおいしかった。

前回マーヤに工場見学に来て下さったリピーターの方もいて

びっくり!それぞれモノづくりに関心のある方ばかりで

菅谷一家も各テーブルに4人ばらけて、席替えしながら

有意義な時間を過ごせました。

逆にこちらが勉強になる、刺激し合えるような話も

多くしていただきました。

 

食べ物も語れるような

農家直送の新鮮なものばかり

食と農の交流エクセレントロール

飲み放題のコースで

菅谷一家は全員酒好きで

みなさんからたくさん質問をいただき

お酒を注がれながら、

社長はハイボール15杯も。。。

 

楽しい企画をありがとうございました。

仕事なのかプライベートなのかいい意味

アットホームな会でした。

お酒の席でいつも思うのは

挑戦している人の話はおもしろいです。

失敗談はみんなで笑えるし、

僕も酒の肴になる挑戦、失敗、成功の話を

またできるように、がんばります。

 

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

服を作る身として、

今作っている服をどんな人が着るんだろうと

想像しながら作っていたりもします。

直接着ているところを見る機会がほぼないですが

テレビとかでたまに目にします。

 

毎朝日課として見ているテレビだと

TBSのあさチャン!の夏目三久さん

https://www.tbs.co.jp/asachan/natsume/

たまーにマーヤで作った取引先の服を着ていることがあり、

いつも服を見ています。デザイン性が高い服が多く素敵です。

言葉使い、所作、清潔感、表情、姿勢、服装など

これら上品さを満たす職業だと

まず女性アナウンサーが思い浮かびます。

良い服を着たから上品になるわけではないですが

人は見た目で判断されがち

ニュースを伝えるには、誠実さ、信用度が試されます。

自信なさげだったりすれば、嘘っぽかったり

服がしわくちゃだったり、カジュアルすぎると

不真面目にとらえられたり、

 

最近流行りの意識高い考え方として

例えばトランプ大統領はスーツをグレーと

ネイビーしか選ばない色縛りをしているとか

ジョブスやザッカーバーグは同じ服を何着も持って

決断する回数を減らすようにするとか

ミニマリスト、断捨離、、etc..

 

結局強い人はそれでいいと思いますが

普通の人は服を武器にした方が良いなと思います。

戦略的に色が与える印象を考えたり

お金持ちっぽく見せたりすることもできるし

強そうに見せたり、若く見せたり、

服装でキャラクターを印象付けることもできる。

一年中短パンしかはかない短パン社長もいたりする。

僕もキャラがほしくて服を全部緑にして、緑キャラにしようかとか

いろいろ考えたりしたことがあります。(笑)

おもしろいです。服

もしかしたらモテたり、仕事がうまくいったりするかも。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は足立ブランド企業の交流会に参加しました。

足立ブランドとは。。。

全部で56企業が現在認定され

マーヤは今年認定されたばかりの新参なので

懇親会から、二次会からすべて参加して顔を

覚えてもらおうと、紹興酒を飲みすぎて

二日酔いの中、ブログを書いています。(笑)

 

すべて足立区の企業という共通点のもと

製造業の異業種の交流ができます。

これとは別で足立ブランドが母体で

足立ブランドユースという若手二代目経営者の

集まりも毎月第三木曜日にあります。

ワークショップを合同で開催したり

勉強合宿をしたり、活発です。

あとは足立区の新製品開発講座を第一第三金曜に

新製品アイディアを5つ考えるのが宿題で

いつも試行錯誤しています。

同業者の2代目の集まり二友会

を第三金曜にやって(ブッキングしてる!)

役員なので会議室を予約したり、議題を考えたり

フェイスブックで告知しています。

 

なにを目指してるの?

やりたいことは

ファッションしらいし 白石社長

のように縫製工場の枠から出て攻めたい

同じことをできるとは到底思えないけど、

近づくことはできるし、逆にマーヤでしか

やれないこともあると思う。

自分個人としても人見知りで

枠にハマりすぎて、

嫌われたり、生意気だと思われないように

守りに入っていました。

発信するなり攻めないとね。

少しずつ枠から出ます。

  

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

僕らは生地を加工して服を作っています。

なので収入は加工賃のみです。

それ以外のこともまだまだできる可能性

伸びしろも多くあると思っています。

例えば服を販売、リメイク、お直し、縫製教室、設備場所貸し

あとはこんなのもできるのか。。

https://factelier.com/products/detail.php?product_id=13449

ファクトリエさんで以前工場ツアーを開催しましたが

今週は親睦会があります。

これらに関して収入はありませんが

自分達で企画して、ビジネスとしてもありです。

ファクトリエさんには想像もしていなかった

多くの可能性を見せてもらっています。

喋るの下手で人見知りで、腰が重くなってしまいがちでしたが

喋って、人と会って、動く、発信することで

すぐに成果に直結しないことが多いですが

縫製工場という枠から勇気をだしてはみ出すことで

マーヤが縫製工場としてだけでなく

面白い会社になると思います。

 

まずは人として

顔も名前も出して正々堂々しているし

情報発信や、足立ブランドの認証も受けたり

悪いことはしませんし、信頼してもらえる人で

ありたいと思っています。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

写真は23歳の時、

パンフレットで使われた写真。

ファストファッションのアパレル販売員時代

この時は神奈川に異動になり

テラスモール湘南のグランドオープンから

半年間働いて、

店舗には入社半年の新人3人のみで

あんまり大きな声で言えない

過酷な環境だったけど

なんだかんだ笑顔で、楽しかったです。

「ありがとうございます!」を

1日何百回も言うのは

今になってとても良い事だと感じます。

一生懸命接客して「ありがとう」

って言われると疲れも吹っ飛びました。

今はどうしても「すみません」

ばっかりになってしまい

検品してても減点方式なので

人の悪いところに目がいったり、

昔の自分と今を比べると

悪い習慣がついている気がします。

 

「ありがとう」と「すみません」のバランス

どちらも人間関係で大切な言葉だけど

それ「すみません」じゃなくて

「ありがとう」って言った方が良くない?

って場面は多くあると思います。

 96F98862-A244-444C-B351-D2D52D15DFE3.jpeg

また販売とかもやりたい

 

ちなみにテラスモール湘南で働いていた店舗は

当時自社店舗1位で勢いがありましたが

この前行ったら

もう違う会社のお店に代わっていました。

移り変わりの激しいアパレル業界

変化に対応できないと。。。

さみしい気持ちになりましたが

良い経験になりました。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る