BLOG

縫製工場のマスク作りについて。

マスク不足

朝3時に薬局で並んでいる人もいると聞き

戸惑いました。

まもなく供給されると思いますが

朝並べない人、ネットができない人、現場で仕事が忙しい人

社会的少数派 マイノリティーの存在も忘れてはいけないと

先日老人ホームからの問い合わせで気が付きました。

マスクを作っていなかったし、洋服作りで忙しく

断ってしまったのが、どうしても気になり

会社にある在庫のもので困っている人へ

一人仕事終わりに布マスクをつくりました。

資材がなくなり、いつもおせわになっている資材屋さんに

マスクゴムを注文したところ、もうすでに買い占められており今月分はすべて予約で

順番待ち状態だという、本来服作りで利用する代替えとなるようなゴムもすべてだ。

町の手芸屋さんにいても、完売、ガーゼ生地は一人1mと制限を設けてかろうじてあった。

使い捨てマスクと同様に買い占めが起きていたのだ。

家庭用ミシンが今売れていて、在宅で布マスク作ったり、必要な人、

縫製に興味をもった人へのチャンスを材料がなく困ったことになっている。

 

モヤモヤ

 

僕ら縫製業はプロとして、品質のいいものを作ることと

一般の人では思いつかない創意工夫もできると思う。

自分たちの強みをもう一度考えてみる良いきっかけだとも思う。

僕がとった行動は

一般の人ではできないことしなきゃなと思い

足立区にあり交流のあった手ぬぐい工場さんから

B反を特別に買い上げさせていただきました。

Instagram-image

手ぬぐいの生地も売れて大変なんじゃないかなと

思いましたが、今売れ行きはよくないという。。

正直手ぬぐいも買い占められているのだと思っていましたが

こんなことならA反もたくさん買えばよかったと

帰り際にどうしても気になってしまい

試作して納得する形ができたら、A反を買う。

うまく循環する仕組みをつくることが、

僕たちプロの仕事だと思いました。

 

SNSとかみるとマスクパトロールマンが多く蔓延り

意味ない、意味あるとか、あいつはダメとかいいとか

みんな自粛でイライラしていたりで不毛な議論が目立ちます。

一人一人ができること、内部で争っている暇はないはず

誰と戦っているのか。。

 

今日も外出できず、そんなことを考えながら

部屋着でいたけど、モヤモヤとして

服を着替えるたら気持ちが切り替わってパッとしました。

お気に入りの服は僕にとって生活必需品

心に余裕をもって、家でも楽しもう。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

アパレルも経産省も動いています。

https://youtu.be/KtmVvdidYoU

医療用ガウン、作るのは知り合いの

白石さん、井上さん、山端さんが

テレビに映っていた!

おそらく経済産業省とは

アパレル工業連合組合

https://www.apa-kouren.org/

と加工賃見積りシステム ACCTシステム開発で

繋がりがあるので、困った時のコネクションがあるのかも。

 

縫製工場の団体を強化しようと

あれほど白石さんがいうのも

まさにこういう時にも重要。

事業者数が減り続けているのに

組合がバラバラで、

事務局の人たちや、理事長も努力してくれているのは

わかってはいます。

 

前に理事の人に、東京にある組合を一緒にしようと

言っても、うちの組合は若い人が多くてゴニョゴニョ

あまり理解できなくて、保守というより、

保身的な感じの印象でした。

僕は全然動けていないし、ビビりまくっている。

 

新しいことを提案すると、わからないで済ませて

勉強もせず、わかろうとする姿勢もない。

逆に新入社員が同じことをすると怒る。

 

かっこいいところもみているから、余計に

カッコ悪いところをみると悲しい。

 

僕がハッキリといえるのは

白石さんがいなかったら、

すぐこの業界は辞めていたと思う。

逆に会えたのでこの業界に入ってよかったとも思う。

同業者が有事の際に活躍していて誇らしい。

 

専門的になってしまって

なんのこっちゃブログですが、

工場外でも組合や、勉強会、自治体など、

今後動いていく必要があります。

その前に会社経営や、工場の改善や、新事業や。。。

あーー

 

なんか悔しい気持ちをブログに

書きとどめておきます。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

緊急事態宣言をうけて、淡々と粛々と。

会社として、条件付きで通常営業します。

 

毎朝の朝礼なし 月曜のみ諸連絡

マスク着用 任意 飛沫感染防止

入り口、食堂に消毒液

換気扇を常時on 窓開け 換気の徹底 

マスク資材をストック、仕事終わり製作自由

各自家族や周りの人に配る 任意

飲み会や会議は原則禁止 zoomとかは可

不要不急の外出は自粛

掲示板ポスターで注意喚起

コロナ対策 3つの密を避けましょう!

 IMG_20200402_113810.jpg

 

 

体調管理、体温など異変があれば

朝電話で社長または工場長まで

 

知らない、見えないと誰しも不安に感じてしまいます。

不安を過剰に煽るメディアを鵜呑みにせず

正しく恐れて、情報が片寄らないように

イライラもしないように、誰かを責めたりしても

なにも解決しません。

 

ノーベル賞のお膝元スウェーデンは専門家の意見を信頼

https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/202004/CK2020040702000130.html

 

僕らは洋服作りの専門家、感染症専門家の意見を信頼し

淡々と粛々と

 

タイトル画像は前に自分で書きだしたヤツ

自分の目標

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

コロナ対策 3つの密を避けましょう!

https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

何度もニュースで言っているように

3つの密を避けろ!

どの家庭でも会社でもポスター貼ろう!

頭に叩き込むんだ。

東大生解説 コロナの怖さ↓

https://youtu.be/poN_Mf1BaGg

わかりやすい!!

ぜひみんなみてほしい!

 

組織の危機管理能力

八甲田雪中行軍遭難事件の教訓を僕は入社時に

叩き込まれているので、毎日情報収集は

欠かさずして、浅はかではなく

口数も少ないですが、

考えに考えて発言しています。

 

トップがやらなくてはいけないこと。

スタッフ一人一人の社外の行動も大切。

(1)換気を行う(可能であれば2つの方向の窓を同時に開ける)
(2)人の密度を下げる(互いの距離を1、2メートル程度あける)
(3)近距離での会話や発声などを避ける(やむを得ない場合はマスクをつける)

 

失敗、犠牲から多くを学び、決して無駄にせず

これからの未来を歩まなくてはならない。

日々更新される情報も自分で考え

なにが正しいか誤りかを判断する訓練をサボらず

刮目して大局をみよう。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

サーフアイロン。

稲荷田名誉教授が考案した船底型・目盛付アイロンです。

まず電気で乾熱してからスチームでかけると品質がGOOD

前方だけでなく後方もアーチ状になっているので、押して引いてで

少ない工程で作業が可能になります。

また目盛がついているので、物差し片手に作業しなくても良い。

プレタポルテの工場や高級なクリーニング屋さんなんかは

1台でもあるといいと思います。

適度に重さもあるため、さっーっと流すだけ、サーフィンするようなアイロン。

Instagram-image

ミシンはデジタル化されたりアップデートされてきましたが

アイロンはほぼ変わらず昔のまま新製品がでていませんでした。

この機会に

東京と千葉に一台づつ先月導入しました。

稲荷田先生には昨年から千葉県のものづくりマイスター制度

を活用させていただき、半年ほど千葉工場の技術指導をしていただいております。

教えていただけるありがたみと

凄さがみんな本当に理解しているのかを

変な心配をしています。

https://bfgu-bunka.ac.jp/topics/2017-11-17/

稲荷田先生から教わっている事実だけで、アパレル業界で凄く羨ましがられることで

知らない人はモグリだといってもいいです。

そして今年も引き続きご指導いただきます。

洋服を作るのにはまだまだこの先も

人の手が必要です。

ロボットではAIによる頭

足はタイヤなど、人間より優れていますが

人間のような繊細な手、指は作れません。

日々変わる洋服のトレンド、新開発の生地

そのスピード、汎用性、適応能力は

人間にしかできません。

一度覚えた技術は一生の財産です。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る