BLOG

地元のテレビにリモート出演しました。
誰にとって優しい人なのか。

僕は元アパレル販売員です。

今作っているものとは真逆なファストファッションの

低価格路線を突っ走っていました。

問題になると嫌なので企業名は出しません。

3年間勤務して26の時に辞めたから、もう昔の話として

 

ちょろっと書いておきます。

ショップ販売員として

新潟、神奈川湘南、大阪梅田、茨城土浦

転勤が多く、東西南北の店舗を見れたことは当時

ムカついていましたが今思えば幸運でした。

正確にはセレクトショップでしたが

いつしかセレクトした売れている商品をコピーして

PBブランドとして売るようになったので、

ファストファッション路線を突き進んだという成り行きです。

たぶん5年前がファストファッションのピークで、

洋服は大量につくれば作るほどコストが下がるので

新規出店を増やし続け、すぐにオーバーストア状態に

バブルがはじけるのも時間の問題でした。

安売りに走るのは工夫がいらず簡単で

一度下がると上げることが困難です。

ブランドイメージとしてもブランド?になります。

プロパーでも売れなくなると、セール、タイムセール

ワゴンセール、焼却といった流れを見てきました。

安さ、コスト競争になった反動はどこにいくかというと

例えば産地 中国製→ミャンマー製、バングラデシュ製に

同じ形の商品でも加工にかかる人件費を低くすればコストが下がります。

従業員の給料を下げる(上げない)使い捨てで、若い人を多く採用

数年後辞めるサイクルを繰り返すことで現状維持する。

サービス残業を増やす。いつしか疲弊して人が集まらなくなれば

デフレスパイラル。。。。

前職の会社はなんだかんだ好きでしたが、今はどうなっているか。。

知りあいも全員辞めているので、わからずじまい。

7A1A9124-5DE0-4E88-ADE7-FD09A043F82E.jpeg

 

そして今回は自分で販売を久しぶりにやってみて

マスクを通じて勉強になったことが多かったです。

ステップ1

3月は品不足、買い占め、震災の時を思い出しました。

困っている人が多く老人ホームからの問い合わせをうけ

すぐに寄付しました。

ピンチの時に人を助けることは、お金以上の価値があると思います。

最初は自分で一生懸命作ったマスクを社長たちに笑われムカつきましたが

妹の後押しと、嬉しい御礼の手紙もいただき

みんなでマスクを作るようになりました。

 

ステップ2

次第にマスクは市場に流通し

お金もあり、マスクを持っている人への寄付は

は?ですし、自分達の技術の安売りはマーヤの看板を落とすことで

自分や従業員も疲弊していきます。

 

ただ普通に売っても埋もれてしまうし、洋服の仕事が本業

価格の付け方が会社としても、わかっていない。

ノベルティグッズとして最低ラインをクリアしていればいいかと

あだち産マスクを販売しました。

 

ステップ3

メディアにも取り上げていただき

友だちとSNSや地元の方にも購入いただきました。

 

小学校に寄付しようとか声がありましたが、もう今さら。。

マスクは無料で貰えるものとしての認識は教育にも悪い。

 

善意の押し付けで、自己満足はカッコ悪いので、やめさせました。

そしてガチャポンを買う。また笑われました。

 

スッテプ4

適正価格でブランディングする。

一旦売り切って、もうユニクロさんも参入してきますし

完全に過剰供給気味になるのは嫌なので、新しく企画するか

 

過去の成功体験として、一旦置いておいて

もう次のステップにいきたいなというところ。。

今ふわーと考えているのはお花屋さんの包装用

不織布をつかった医療用ガウンを

一般向けにセット販売や、あと友達に頼まれているのはマイクカバー

マスク入れもいいかも

現場仕事だけが仕事ではない。

ただいい物を作れば誰かがいつか評価してくれて、、、

それが10年後?30年後?いつ?なくなるぞ。

今はピンチだけど

多くの方に自分達を認知してもらえるチャンスでもあり

おもしろい、ストーリーのあるものを発信して

ものづくりにも生かしていきれば、縫製業界も

まだまだ伸びしろのある業界だと思う。

だっと服以外のものを作ってなかったし

販売もやったことなかったし

取引先もアパレルブランドさんだけだったし

既存の枠に収まらず、枠からでると笑われたり

転んだり、足を引っ張られたりもしますが

視野を大きく刮目して大局をみていきましょう。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

 

キッズマスク.jpg

トップページでも掲載の通り

地元の仲良し事業者さんと

立体マスクを企画製造販売を共同で行いました。

元気がでるようなカラフルな生地を採用

夏になるとマスクは蒸れる季節

裏地には白無地手ぬぐい生地を使いました。

汗をかいたり、くしゃみをしたりで

不快感が多くなると思います。

途中交換用に常備しておいても良いかもしれません。

子供用、大人用を販売中です。

ローカルコラボ企画

Lotus Table Labo

小川畳店

ご協力ありがとうございます。

 

平面プリーツ加工の

自社で販売するあだち産マスクも好評販売中

こちらも裏地には白無地手ぬぐい生地

見た目はクールビズでカジュアルになりがちなビジネス向けに

きっちり感が演出できるのでおすすめです。

3枚入りなのでローテーションしてこれからの季節をお過ごし下さい。

https://marya.official.ec/

Instagram-image

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

医療用ガウンの販売は現在しておりません。

5/19テレビ放映に伴い事前に

お知らせしておきます。

現在生産中の医療用ガウンは組合を通じて

政府機関に納品する分となっており、

残念ながらお断りしている状況となっております。

 

何度か問い合わせしてくださった方へ

心苦しい思いがあり、個人的に代用できる材料を手配するなど

生地屋で不織布や高密度撥水ポリエステル

パーテーション用の透明なビニール

アンテナをはって一生懸命動くと見つかるんです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00000007-hbcv-hok

こちらを参考に近くの花屋さんですぐ不織布を少し手配しました。

 

。。。。。。。ダメだ

 

また最初のマスクの時と同様に一人でやるしかなさそうです。

マスクの成功体験を捨てて、次のことに目を向けたいところですが

まだ空いた時間にマスクを作っています。

すごく悔しいですが、力不足です。

過去の成功体験を繰り返したり、他の縫製工場さんが動かないと

じゃなくて、道なき道を進む勇気をもっていきたいです。

 

これをみている同業者で動ける人は

今すぐ近くのお花屋さんに行き

サンプルを作り、SNSや近くの医療施設にアプローチするといいです。

パターンはいろんなところで無料公開されていたり

お医者さんのもっているものをお借りして

設計することもできると思います。

アイソレーションガウンで🔎です。

 

最後に厚かましいことを言うと

もしお花やさんの不織布(若干撥水?)が

あれば弊社に寄付していただけると

嬉しいです。そうなれば会社として動かざるえずになるので

空いた時間に精いっぱい生産し、医療機関に直接届けたいと思います。

 

一人では無理だよーーー( ;∀;)でも頑張ろう!

追記

5/19花束ラッピング不織布で試作 失敗

素材がチクチクして断ち切り部分が痛い

固くて立体的に袖をはげない。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

Screenshot_2020-05-14 令和元年度 入選作品 一枚写真部|東京都生活文化局(1).png

 

足立区役所の広報の方!おめでとうございます!

広報紙部門では最優秀賞を取られていたり

とってもセンスのある広報の方達が足立区いて誇らしいです。

これを励みに頑張ります!

https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/koho_kocho/koho/koho_con/intro/0000001409.html

 

奨励賞 審査員コメント

  • 光の感じも、眼差しを中心としたアングルも効果的で、雰囲気のある写真だと思います。キャプションは文字数が多いわりに、人物の氏名と会社名だけで職種が分からず少し戸惑います。文字情報は少し整理した方が写真は生きるはずです。(鳥原)
  • 布を裁断する若き工場長の真剣な眼差しが印象的な一枚です。「足立ブランド」のコピーとリンクし、いったい何を作っている会社だろう?と、読む者を一歩先へ(記事面へ)向かわせる訴求力もあります。
    「掲載意図」によれば撮影に苦心されたようなので、努力と熱意が結実した力作といえるでしょう。キャプションはシンプルですが、読者にとってはこれにより布の裁断であることが明確に分かるので、丁寧で好感が持てます。(箭内)

 

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る