BLOG

願い届かず。。

正直ブログのほとんどは父である社長宛の

メッセージでもあります。

息子だから調子に乗って書いてる訳じゃなく、

ここだけの話

前職のアパレル販売員時代も実は同じことを

していました。

不幸の手紙だ!って言われて、煙たがられ、

おかげで、新潟、神奈川、大阪、茨城と

3年でこんな転勤してるのは俺だけでした。

いわゆる干されていたんです。笑

内容は 事件は会議室で起こっているんじゃない

現場で起こっているんだ!!的な問題点

未熟な新人でなにも実力もないのに、

職場スタッフが楽になるように

いつも考えて、考えて一生懸命だした解決案

社長宛や、マネージャー宛、バイヤー宛に

書きましたが、正論だったり、理想論的なことは

目の上のたんこぶだったようです。

やった方がいいと、わかっていてもやらないこと

多くありますが、それを減らしていく意識

努力、勇気は常にないと

気がつくと施しようのない状態異常に。。

最後の地茨城の店舗に配属されると、

言っても、頑張ってもムダだと

諦めるようになり思考停止してしました。

ツンツン、ギラギラしていた新人も

だいたい五年で組織に染まって、

そうなってしまうらしい。

 

マーヤに入って五年

すみませんが口癖になった時から、ヤバイなとは

思っていましたが、

根底にあるのは前職の会社もそうでしたが、

社員みんなが好きで、良くしていきたいだけです。

 

タイトル画像にあるように

母を楽にしてあげたいという思いだけで

自分の私利私欲でもなく

母からも父に一生懸命考えて改善案を

ぶつけて喧嘩になっていましたが、

結局父の方針をなにも変えられませんでした。

でも調べたり、行動してたのかな?

 

すごい不謹慎なこというと

10年後両親死んでる可能性もある。

だから組織をもっとコンパクトに

ムリのない形に、俺1人でも

やっていけるようにしておかないと

俺が死んでしまう(T-T)

半分冗談で半分本気です

 

なんだかんだ

家族経営のいいところは

親の生きざまを間近で見れること

まだまだ追い付けず背中を見ていますが

カッコ悪いとこは見たくないなー

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

トップへ戻る