BLOG

20190919_153015.jpg

ミシンショーでの講演

毎年恒例になりつつあります。

常に新しいことに挑戦し続けている方なので

いつも話が面白くて、新しい世界を

見せてくれます。

 

白石社長の会社の柱は大きく3つ

自社ブランド

海外アパレル

国内アパレル

従来の縫製工場では考えられなかったことを

苦難の連続でドラマのような展開で

結果をだす背中を、僕ら若手の縫製工場グループは

いつも追いかけています。

今はパリコレでパリにいると思います。

 

東京婦人子供服協同組合の理事長も務めていて

そこで新しいことを提案しても

わからないの一点張りで、既定路線からなかなか抜け出せない

同業者の背中を押して、叩いてで大変そうです。

 

加工賃見積もりシステム(アクトシステム)についても

開発に携わっています。

背景にあるのは国内工場の赤字経営

 

縫製工場の求人は恥ずかしながら

見てもらえればわかるように

最低賃金での提示が大半になっています。

最低賃金↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

東京って来月から最低賃金が1,013円になる。

青森とかだと790円です。

僕の生まれた平成元年の東京の最低賃金は525円

30年前から倍近く上昇しています。

最低賃金を下回るような仕事は山ほどあり、

年々工場の廃業も必然的におきています。

 

先代がやってきたことを

そのまま同じことを引き継ぐことができればいいですが

昔と違うことを理解し今の時代に目を向けて、

過去の成功体験にとらわれないこと

重い腰を上げていかねばなりません。

 

なんだかんだ

ものづくりは楽しいです。

衣食住はこの先も人間のベースとして

あり続ける仕事です。

もっと明るいことや、希望を持てるようなことを

書けるように僕も頑張ります。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

トップへ戻る