BLOG

デザイン

パターン

生地・付属発注

縫製工場

倉庫

店舗

 

すべて分業されており

厳密にはもっと細かい

これに最近ECが加わっただけで

ずっとこのシステムで洋服を供給し続けています。

輸入品が増えて、日本で作る人は減り

海外で作る人が増えました。

消費量は変わらず、輸入供給量は増え続け

需要と供給のバランスが崩れます。

売れ残り、値下げ処分に歯止めがきかず、

リスクのしわ寄せはまず下請けにきます。

04.jpg

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4182/

このうち国内供給量の97.7%は輸入品

 

価格競争の成れの果ては、利益を過剰に追及し

農薬盛りのコットンで原料の生産量を上げ

染料は下水処理せず川へ垂れ流し

粗悪な環境の低賃金で労働を強いる。

発展途上国は最低賃金を上げると

産業が国外に出ることを危惧し

生活が困難な給料を最低賃金とする。

法律は犯していないと、知らぬ顔で

産業が成り立ってしまいます。

詳しくは映画をみて↓

ABC3EBE6-3577-4291-9D5D-DDB65F2AEDFF.jpeg

デザインやパターンは売れている商品をパクリ

安く生地をつくり、安い人件費で洋服をつくる。

大量につくれば同じ簡単な1つの工程を繰り返す

誰でもできる仕事となり

コストも下がる。

 

売り場の商品を見ても背景は見えず

品質表示に国の名前があるだけです。

 

一方日本の工場では近年

外国人実習生の問題が世間を騒がせましたが、

問題の根本はあまり報じられず

下請け工場を責めるだけで、解決できていません。

そもそもフェアトレードができていない問題があり

僕ら所属する団体は生き残りをかけて

適正加工賃見積もりシステムを作りました。

アクトシステム

https://acct.yuka-alpha.net/acct.html

まだまだ認知度も導入工場や実績は少なく

理解を得られにくい現状ではあります。

 

僕らの縫製工場は多能工

1つの工程だけでなく、臨機応変に様々な工程をこなすことができる。

小ロットのものが多く、毎年同じ洋服を作ることはほぼない。

デザインが変わり、季節が変わり、アイテムも様々

 

ただ技術を持った素晴らしい縫製工場でも廃業してしまいます。

同じ足立区で唯一知り合いの工場も一昨年廃業してしまいました。

どんなに素晴らしいデザインや企画があっても

それを形にしてくれる工場がなくなっています。

 

もう従来のシステムでは欠陥だらけ

変わらないと生き残れない現状で

どうしていくのか?

なんでそんな業界で菅谷は働いてんねん!

次回は未来のポジティブなブログにまとめます!

 

※マーヤの取引先の方には

大変良くしてもらっています。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

トップへ戻る