BLOG

07071212_5b402faf88246 (3).jpg

ファクトリエさんで販売する

マーヤ産ブラウスのモデルさん

土屋希美さん

笑顔が素敵な方だなーと

ずっと気になっていて名前をファクトリエの

広報の方に以前聞きました。

鎌倉シャツさんでもモデルをしていて

日本製洋服モデルといえばこの人!

みたいなイメージを持ちます。

 

日本人体型の設計・パターンで洋服を作っているので

日本人のモデルに着てもらうのが良いと

個人的には思います。

ほとんどのアパレルさんは

外国人モデルを起用するところが多く

和服ではなく洋服という住み分けがハッキリと

しています。

単純にスタイルの良さなのかもしれないけど

 

前職アパレル販売員時代も

店内BGMは洋楽を流していました。

J-POPはダメなの?って社長に質問したことがあって

答えは安っぽくなるとのことでした。

なんとなくわかる気もします。。

雰囲気買いというか、非日常的な空間で

なんとなくカッコイイ売り場で並ぶ服はカッコイイ

おしゃれ

 

呉服屋さんで洋楽流れてても

どこか違和感あるのかも

 

服は民族、文化、環境をわかりやすく表すもので

歴史や必然性、アートの要素、自己表現

 

僕は自分に自信を持てるというかパワーを

服にもらうので、服が好きです。

服が日用品になっている昨今

エシカルやらサスティナブルやら

時代と共にまた変わっていくでしょう

話がごちゃごちゃ

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

トップへ戻る