BLOG

お直しをするという選択肢もある。

これいいなーっと思ったシリーズ

Fittingステーション

https://fittingstation.jp/

お直し屋さんでECで購入した商品をその場で

お直し、受取、返品ができる。

 

僕は前職ショッピングセンター(SC)で

アパレル販売員をやっていた時

SC内には必ずお直し屋さんがあり、

店舗でお客様のパンツの丈詰めを

よく持って行っていました。

正直人手が足りず、持っていくのが困難な時とか

ロールアップしてボリュームを持たせて。。。とか

持っていきたくないからそのまま購入してもらおうと

いい加減な接客をしてしまったことを後悔しています。

そんな販売員さんには気をつけてください。。

 

いつも冬場に気になるのは

手の平まで隠れているコートの袖丈

服に着られている感じで袖も汚れるから

お直し屋さんで袖丈詰めすることを切に願います。

(女性のニットの萌え袖は可愛いので、そのままで。)

欧米人体型のパターン(手足の長い)の服も

あふれているので

日本人体型のパターン、自分の体型を理解して

自分に合うブランドを見つけることも重要です。

 

そんな訳でお直し屋さんのは何度も足を運び

横目にいろんなお客様を観察していました。

ボタンがとれたから。。

小学校の上履き入れ、防災頭巾を作って。。

お直しスタッフさんは親身になって

幅広く対応していました。

逆にボタン付け簡単に覚えられるのにとか

学校の家庭科でもっと教えるべきでしょ!っとか

マーヤで縫製教室やったりするの需要あるんじゃない?

って思います。

服を買って売る、捨てる以外に

お直しするという選択肢も。。

お直し代で場合によっては

新しい安い服が買えちゃう時代

洋服をもっと大事に愛着を持つと

注意力やプライドだったり

身につくことも多いと思います。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

トップへ戻る