BLOG

今日はすでに書類選考と実地調査をクリアした
足立ブランドの最終プレゼンでした。
5分間でプレゼンして
15分は質疑応答で コの字型に囲まれて
自分達の技術の凄さや今後自社ブランドを
足立区と組んで発表して行くことを
述べさせていただきました。

こんな緊張する場を味わえる機会は
最近めっきりなかったので、
良い経験になりました。
過緊張しなくなってきたかもです。

足立ブランドを申請した本当の理由は
社長を納得させて、新しいことに挑戦させて
ほしかったのが本音です。
このブログもだいたいは社長宛です笑

僕は1人で突っ込んで、悩んで
勝手に暴走していくタイプで
前に一度、電気の詐欺営業に
ひっかかったことがあります。
今ではスベらない話にしてますが
悪い人間を見れた貴重な機会として
自分の中に焼き付いています。

それ以降僕を守るために
外部のよくわからんものを、
片っ端から否定し、
シャットアウトしようとしてくれます。
しかし
リスクをとらないことを選択し続けることは
逆にリスクがありそうで

社長自身が今まで我慢して耐えていた
嫌なことを何も対処しなければ
今度は
僕が同じような目に合います。
それを僕も何もしなければ
また次の世代に。。

何かできるときに無為無策では
将来の自分や若い人達に
何であの時やらなかったの?
って言われるのは本当に嫌だし
悔いは残したくありません。

足立ブランド認証されればいいなー
ただ審査員の方々に足立区で
頑張ってる縫製工場の若造がいるって
知っていただけただけでも
一歩前進できた気がします。

ダメだったらダメだったらで
来年また認証できるように
変わるための口実ができるので
それはそれでいいかなとも
思ってます。


マーヤ縫製工場 菅谷 正








トップへ戻る