BLOG

昔あったヤツのパクリタイトルだが

ちょっと愚痴っちゃう
僕らのようなOEMの縫製工場は
メーカーさんから作りたいものを
代わりに加工する
加工賃というものを貰って
生計を立てています。
この加工賃の内訳がものすごく曖昧で
とってもリスキーなんです。
加工にかかる時間で計算しているのですが
例えば生地に不良があって
そのまま加工すれば
縫製工場が責任を負わされる。
本来1時間で終わる裁断が
加工とは別に
生地チェックや取り直し等々
数十倍の時間を要することも。。
ある程度はサービスの許容範囲ですが
多くて超えてしまうと。。
生地検品は加工賃には含まれず
工場の稼働が止まれば、
予定がズレ、他の予定もズレ
納期までの帳尻合わせ
尻拭いもすべて縫製工場がリスクを負う。
分業されている業界ですが、
僕らが中間管理職のような損な役回りです。
 
結果生地の不良率も年々増えるし
外注先も直接咎められることがない。
僕らも生地屋さんから直接購入していないので
声も届かない。
 
今はスマホで撮って先方に連絡を
すぐしていますが
その間に工場が止まっても
従業員に給料を払い続ければ。。
 
生地が悪くても
パターンが悪くても
仕様書が間違っても
運送が遅れても
それぞれにリスクや責任を
負わせないとダメになると思いますし
一向に改善しません。
僕が悪いことをしたら謝りますし
責任をとります。
"加工"  
でおかしいことがあれば言ってください。
マーヤの技能士スタッフは
日々精進しています。
本当に本当に頑張っています。。
マーヤ縫製工場 菅谷 正
 
 
トップへ戻る