BLOG

僕が入りたてで、何もかもわからなかった時

お世話になっている同業者の辻洋装店の専務さんに

おすすめしてもらった本

ザ・ゴール

あらすじ。。。抜粋

機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。通常、アメリカでベストセラーとなったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、本書は世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。いわば「幻の名著」である。

   長引く経営の悪化、工場閉鎖までたった3か月の猶予期間、多忙な日々のなかないがしろにしてきた妻との離婚の危機…。アレックスは、あまりの危機的状況にすっかり意気消沈していた。その前に、モデルは著者と目される恩師、ジョナが現れ、彼にアドバイスを与える。工場を救うために業務改善に挑む登場人物の苦悩や目標達成の興奮が伝わってきて、ビジネスの醍醐味を感じさせるストーリーだ。

感想。。。

合理的な考えが学べる。よくある自己啓発本のこれをやれ!みたいな本ではなく

物語の中で主人公と一緒に悩み、考え、問題を解決していく。

下町ロケットとかの池井戸潤作品的な面白さも兼ね備えている。

コロコロコミック並の分厚い本だけど、意外と読めちゃう。

エピソードで記憶に残りやすいので、今も役に立ちます。

 

印象的なエピソードは

主人公の息子が所属するボーイスカウトを引率することになり

遠くのキャンプ地まで全員が効率的に早くつくことができるかを

工場の仕入れから納品までの流れと交えて考える話があります。

在庫を溜めるな!ってことであったり、速い子が遅い子の荷物を持って

あげるシーンであったり、勉強になります。

 

縫製工場でいうとファッションいずみの水出兄貴の過去ブログを参考

http://fashion-izumi.jp/blog/archives/806

こんなかんじで工場は流れ作業

川のながれのようにです。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

トップへ戻る