BLOG

枠を出る。

最近はチャレンジの連続

従来の縫製工場の枠

今までの自分の枠

ただ受け身、指示待ち人間から

やっと脱皮し始めている。

 

ある大学の被服科の授業にリモートで公演したり、

販売を始めたり、土日も

マルシェでたり、オンライン展示会に出展したり、

全部僕1人でやっています。

平日はものづくりの傍らなので

結構しんどくもあり、楽しくもあります。

 

正直全部やめようとしていました。

休みたいし、失敗すればネチネチ言われるし、

自信なくすし、新しいことはダメダメ言われるし

一発で成功すると思うほど、うぬぼれてはいないし、

浅はかな考えで挑戦はしないし、毎日勉強です。

失敗して修正の連続の成功です。

それしかないと思っています。

 

とりあえず

仕事終わりか、休みに1人でやるしかないんです。

僕も好き好んで実家に住んでいたり、車をもってない

わけじゃないし、

すべて固定費を最小限にして

新しいこと、勉強にお金はブッこんでいます。

どうせ休みも仕事だからいいんです。

 

がんばっていると応援してくれる人がいます。

どこかで見ていてくれるみたいです。

公演した大学の生徒さんから嬉しいお手紙いただいたり、

土曜日の地元マルシェでは

僕が売っているマスクをみんな買いにきてくれて、

午前中であっという間に完売

布マスクは販売する品質には至らなかった

B品でしたので、安くして売上全額寄付する形にしました。

賛否両論あると思うけど、高級婦人服マーヤの名の元

品質の良くないものを認知されたくないし、

でも利用できるものを無駄にしたくない。

マルシェ主催者の表さんからの提案で、

足立朝日新聞の竹内さんからも背中を押され

今回実現しました。

会場に行くとすでにマスクを事前に購入していた

足立成和信用金庫さんや、表さん、地元の方々が!

received_294642368324005.jpeg書いてて泣きそうになります😭

received_1349386875259565.jpeg

一瞬会場中がマーヤのマスクだらけになりました。

作ったウチのスタッフにみせたかったー

 

マルシェ主催者の表さんとは以前から

交流のあるお友達で、今回お誘いいただき感謝です。

 

終わって土曜日午後と日曜日は

オンライン展示会も友達の市橋さんにお誘いうけて

参加してみました。

20200628_144756.jpg

これからは多くなるから今のうちに慣れておいた方が

いいということで、上手くはできませんでしたが

途中パソコンの前で寝てたりしちゃいましたが(笑)

素敵なご縁もあり、よかったです。

オンライン工場見学も挑戦

日曜日だから無人工場だけどね

20200628_145721.jpg

枠から出れば

いろいろ言われるけど

ぐっとこらえて

 

前に進むのです。

 

がんばれ菅谷 正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のテレビ出演と、地元マルシェに出品。

テレビの内容はアプリからも見れるよー

最近買ったガチャポンに

布マスクを入れて地域の人たちに

愛されようとしてます。

 

サスティナブルの定義は人それぞれ

ただシンプルに地産地消はどうかと

ゴリゴリに地元推ししています。

デニムの町 岡山倉敷とか

今治タオルと五泉ニットとか

産地のブランド化に憧れていたのもあります。

本当は千葉の工場の方もゴリゴリにしたいんだけど

まだまだですみません。

自主的にやってもいいし、稲荷田先生もいるし、

大丈夫かなとも思いますが

もう少ししたらそっちもやります。

 

あと来週は地元でマルシェ

Instagram-image

マスクはどうしようかと思っていた

B品があり、売上全額寄付という形で主催者さん

に委託しました。

いろいろ作ったりが優先でやらなきゃいけないこと

たくさん!お忙しいのに主催者さんごめんなさい!

 

僕がやっているのはお金稼ぎというより

信用を稼ぐこと。

信用のある企業から買いたい

信用のある企業にお願いしたい

ちょっと高くても社会貢献していたり

付加価値となって、技術と同じで

目に見えないけど確実に積み重なっています。

ただお金もないと会社を守れないので

順番逆かもですが、今は信用に投資したい。

見積りだして高いな。。んー、

でもいい!!!

と言ってもらえるような。

 

㈱マーヤ ☆☆☆☆☆

みたいなね

これ言うと腹黒だけど

浅はかに動いているわけじゃないと

あらかじめ言っておきます。

失敗もするし、未熟者の自覚はあります。

 

ブログ最近荒れていて、

ご心配のメッセージもいただき

反省するとともに

最近ものづくり以外のことに時間をかけ過ぎて

いっぱい、いっぱい、になってきていたなと。。

本来口下手で黙々とものづくりをしているので、

一回またものづくりに集中し、落ち着きます。

でもがんばったでしょ?

たぶんこのブログを見ている人は

全員

一回みなさんおつかれさまでした!!

一休み

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のテレビにリモート出演しました。
誰にとって優しい人なのか。

僕は元アパレル販売員です。

今作っているものとは真逆なファストファッションの

低価格路線を突っ走っていました。

問題になると嫌なので企業名は出しません。

3年間勤務して26の時に辞めたから、もう昔の話として

 

ちょろっと書いておきます。

ショップ販売員として

新潟、神奈川湘南、大阪梅田、茨城土浦

転勤が多く、東西南北の店舗を見れたことは当時

ムカついていましたが今思えば幸運でした。

正確にはセレクトショップでしたが

いつしかセレクトした売れている商品をコピーして

PBブランドとして売るようになったので、

ファストファッション路線を突き進んだという成り行きです。

たぶん5年前がファストファッションのピークで、

洋服は大量につくれば作るほどコストが下がるので

新規出店を増やし続け、すぐにオーバーストア状態に

バブルがはじけるのも時間の問題でした。

安売りに走るのは工夫がいらず簡単で

一度下がると上げることが困難です。

ブランドイメージとしてもブランド?になります。

プロパーでも売れなくなると、セール、タイムセール

ワゴンセール、焼却といった流れを見てきました。

安さ、コスト競争になった反動はどこにいくかというと

例えば産地 中国製→ミャンマー製、バングラデシュ製に

同じ形の商品でも加工にかかる人件費を低くすればコストが下がります。

従業員の給料を下げる(上げない)使い捨てで、若い人を多く採用

数年後辞めるサイクルを繰り返すことで現状維持する。

サービス残業を増やす。いつしか疲弊して人が集まらなくなれば

デフレスパイラル。。。。

前職の会社はなんだかんだ好きでしたが、今はどうなっているか。。

知りあいも全員辞めているので、わからずじまい。

7A1A9124-5DE0-4E88-ADE7-FD09A043F82E.jpeg

 

そして今回は自分で販売を久しぶりにやってみて

マスクを通じて勉強になったことが多かったです。

ステップ1

3月は品不足、買い占め、震災の時を思い出しました。

困っている人が多く老人ホームからの問い合わせをうけ

すぐに寄付しました。

ピンチの時に人を助けることは、お金以上の価値があると思います。

最初は自分で一生懸命作ったマスクを社長たちに笑われムカつきましたが

妹の後押しと、嬉しい御礼の手紙もいただき

みんなでマスクを作るようになりました。

 

ステップ2

次第にマスクは市場に流通し

お金もあり、マスクを持っている人への寄付は

は?ですし、自分達の技術の安売りはマーヤの看板を落とすことで

自分や従業員も疲弊していきます。

 

ただ普通に売っても埋もれてしまうし、洋服の仕事が本業

価格の付け方が会社としても、わかっていない。

ノベルティグッズとして最低ラインをクリアしていればいいかと

あだち産マスクを販売しました。

 

ステップ3

メディアにも取り上げていただき

友だちとSNSや地元の方にも購入いただきました。

 

小学校に寄付しようとか声がありましたが、もう今さら。。

マスクは無料で貰えるものとしての認識は教育にも悪い。

 

善意の押し付けで、自己満足はカッコ悪いので、やめさせました。

そしてガチャポンを買う。また笑われました。

 

スッテプ4

適正価格でブランディングする。

一旦売り切って、もうユニクロさんも参入してきますし

完全に過剰供給気味になるのは嫌なので、新しく企画するか

 

過去の成功体験として、一旦置いておいて

もう次のステップにいきたいなというところ。。

今ふわーと考えているのはお花屋さんの包装用

不織布をつかった医療用ガウンを

一般向けにセット販売や、あと友達に頼まれているのはマイクカバー

マスク入れもいいかも

現場仕事だけが仕事ではない。

ただいい物を作れば誰かがいつか評価してくれて、、、

それが10年後?30年後?いつ?なくなるぞ。

今はピンチだけど

多くの方に自分達を認知してもらえるチャンスでもあり

おもしろい、ストーリーのあるものを発信して

ものづくりにも生かしていきれば、縫製業界も

まだまだ伸びしろのある業界だと思う。

だっと服以外のものを作ってなかったし

販売もやったことなかったし

取引先もアパレルブランドさんだけだったし

既存の枠に収まらず、枠からでると笑われたり

転んだり、足を引っ張られたりもしますが

視野を大きく刮目して大局をみていきましょう。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

 

1
トップへ戻る