BLOG

僕は元アパレル販売員(ファストファッションの)

新潟、神奈川、大阪、茨城と4店舗を転勤し

業務は接客、レジ、発注、商品整理、VMD

ストック整理、掃除、売り上げ報告

店長になると、シフト管理、教育、他店調査

本部会議など

だいたいこんなかんじです。

閑散期だったり、オープン時、平日

あとは夜も暇でした。

セールや繁忙期はタイムセールしたりで

バタバタして、ストックルームでうなだれるように

栄養ドリンクを飲む先輩を見て

販売員だけに明るい未来を感じられず

いったい何歳までこの仕事はできるんだろうと

真剣に悩んだ時期もありました。

ヘルプでほかの店舗も経験させてもらい

3年間でなんとなくわかった気になって

やめてしまいました。

販売員楽しかったし、またやりたいですけど

洋服を売るだけだとつまらないです。

1つしかできないと、代えがききますし、

やめてもたいして引き留められもしません。

転職する時のスキルとしても魅力に思われない。

自分の仕事を冷静に客観的にみて、そんな経験をしました。

アパレル接客+縫製だったり、+バリスタだったり、+バーテン

とか暇な時間もロスがないようにだったり、

来店するキッカケに安い商品やポスターや告知以外に

なにかやれるとおもしろいです。

 

例えば北千住にあるセレクトショップ×バー

https://www.fashionsnap.com/article/2019-01-25/select-gallery-and-bar-baku/

Instagram-image

お酒を作りながら、服の説明をする店主

お酒を待ちながら、店内を見るお客さんの空間が

とても有意義な時間でした。

匂いを発するおつまみができないのが難点だけどね。

 

ウチの取引先のファクトリエさんだと

店舗はサンプル試着のみでネットで注文

カフェも併設するお店をやるみたいです。

https://camp-fire.jp/profile/Factelier/projects

アパレル企業のカフェや飲食店だと

https://www.baycrews.co.jp/business/food/

http://ronherman.jp/whatsnew.php?s=1&cate=6

 

あとは×縫製だと

http://ropa-pura.com/page/about.html

文化服装学院の集まりで名刺交換したことある人で

自分で作って在庫管理できるので、売れ残りがほぼないように

調整できるそうです。なくなってほしい人いれば作ればいい。

 

あと気になっているのが

これまた北千住のセレクトショップ

https://www.wwdjapan.com/articles/721171

靴磨きサービスをやっていたり、

お客様のカルテを作って接客する。

顧客を徹底的大切にする。

 

ファストファッションブームで

レジに行列を作り、ワゴン商品に乱雑に在庫を積んだ光景に

すっかり慣れてしまっていましたが、

消費税が増税されるようですし(僕は反対です)

最低賃金も上がる昨今

消費することや、自分の仕事やスキルにたいして

僕らも洋服を作るだけでいいのか?

改めて考えているお盆期間です。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

お休みです。

何かありましたら、

問い合わせ、Facebook、インスタ、ツイッター、LINE@

メッセージはスマホでチェックしているので

受け付けております。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

先週ファクトリエさん主催の

工場文化祭に途中参加してきました。

patagoniaの辻井さん

辻井社長プロフィール

のお話がずっと頭から離れません。

アパレル業界の枠を越えた取り組みや姿勢

企業としてのあり方

目から鱗でした。

話を聞く前から、なんとなく環境にいいことしてる

変わったアウトドブランドだなーってぼんやりした

イメージを持っていましたが、

講演の内容も洋服のかっこよさや機能性、デザインは

一切語られませんでした。

オーガニックコットン、

農薬による土地や人への汚染

バングラデシュで起きた悲惨な事件

アパレル産業の分厚いカーテンで覆われた闇

フェアトレード

温暖化やエネルギー問題

ミレニアム世代

農作物が循環する仕組みづくり

などなど

一個一個別でまた書き出したいと思います。

 

安さというトレンドから

犠牲の上に成り立つ安さがあり

自分達のみの利益追求し過ぎて

まるで植民地、近代奴隷制度のような

不健全な構造が明るみになりはじめ

日本ではあまり報道されない事実も

多く知りました。

 

子供の頃の夢はウルトラマンや仮面ライダーに

なりたかったですが、

見た目がかっこいいから、なりたかった訳じゃないです。

 

ものづくりをする人は

着る人を思い

着る人は作ってくれる人を思い

一方通行で分断された構造を

丸にしたいです。

 

見てくれだけの中身ない奴には

なりたくありません。

 

人生観が変わるお話が聞けて

とても有意義でした。

お誘いいだき感謝です。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

1
トップへ戻る