BLOG

求人はこのホームページでしか

載せていません。

採用に至るシステムは確立していなくて

入社したいという連絡をもらい

マッチングすれば採用する形

そんなこんなで1人、2人を毎年採用しています。

ご縁採用ですね。笑

 

今年も学生さんが見学にチラチラきていて、

この前は転職希望の方がいらっしゃいました。

その方は現在販売職をやられていて、

やりたい事と違うことに悩んでいました。

僕もアパレルの販売職からマーヤに

転職した身として

少し自分の体験を話しました。

 

僕の場合縫製工場の長男坊

ものづくりは全くの未経験で入ったので

まー今でもそうですが苦労の連続です。

入って数ヶ月 父に「どうして俺が一週間で

できたことがまだできないの?才能がない。」

と吐き捨てられるほどの劣等社員でした。

今は少し成長しましたが、たまにこの道で

よかったのか?自問自答することがあります。

でも自分で決めたことなので、後悔はありません。

いや!まだ少しあります!笑

 

今はすぐにスマホで転職活動ができるし、

どこも人手不足だから、好きなことが

やりやすい時代になりました。

よーく悩んで最後は自分の意志で

道を選ぶことが1番です。

 

僕はマーヤにみんなが働きたいと

思うようにしようと

オシャレ、儲かる、誇れる、楽しくするには?を

いつも考えています。

 

転職の相談にも乗ります。

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に嫌味じゃなくて

暑いし

家で着て計測するのが面倒で

誰かに測ってもらいたい。。

欲しい時に手に入れられないとか

無料のモノってぞんざいに扱ってしまう。

ごめんなさいゾゾスーツ

ありがとうございます。

気持ちが乗ってきたら着てみます。

 

近年はネットで買うことが多くなったけど、

最近はネットでもあまり買わなくなってきた。

サイズ感や生地感が違ってとか

プロパーで買った翌日にセールになるとか

セール待ちしてたら、購買意欲がなくなったりとか

 

よし!自分で作ろう!しかし!

縫製したディティールが気になりすぎて無理で

 

最近買ったのは

取引き先の店、友達の店、同業者の先輩の店

自分と縁のあるところで買う傾向にある。

ブランドの価値より、人に価値を持つ

ようになったのかもしれない。

モノが溢れている時代なので、

同じアイテムでも

どうせ買うならあの人の所で!

ってなりがち。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

縫製工場むかしは良かった。

 

マーヤに 入った四年前も何故か

会社で海辺の家を借りていたり

無駄にでかい駐車場を借りていたり

悪い状況にも関わらず

とにかく無駄な支出が多かった

節約志向だケチだ批判されたけど、

1つ1つなくしていった。(失敗もしたけど)

バブル時代の生活水準を引きずっている感が

あって、一般的な水準まで下げた。

 

僕もそれに乗っかって散財していれば

典型的なバカ息子として

三代目で潰すという世の習わし通りに

なっていたと思う。

 

最適化する。(無駄をなくすとか)

タダで出来る投資をする。(5Sとか)

 

ダメ息子かもだけど

手放し、諦め、失い続けて

もう後戻りできないんよ_:(´ཀ`」 ∠):

失敗は褒めてくれ!笑

 

マーヤ縫製工場 _:(´ཀ`」 ∠):

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でももう冬物作っています。

ウールは特に熱で縮む

パーツごとに縮み分大き目に裁断→あら裁ち

そして熱をかける→縮絨

 

大きな地方工場に行くと

スポンジング機械

http://www.hashima.co.jp/j/products/product0117.html

で反物ごと一気に縮絨させる。早い!

 

マーヤは小さい工場なので

時間と手間がかかりますが

あら裁ちして縮絨の方法

生地耳のつっぱりや

生地にかかるテンションを

寝かせて安定した状態にして

正裁ちするので

誤差が出にくい。縫製もやりやすい。

生地の風合いを崩しにくい。

メリットもある。   

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

秋冬の量産で忙しくなりつつあります。

忙しいって言葉は嫌いです。

仕事を寄越さないでって意味にもなりますし

心に余裕がなくなります。

なので忙しくないです!笑

 

仕事でミスして

相手が忙しい時に僕に言われる言葉には

忙 "心(りっしんべん)が亡い"=思いやりがない

↑ 前職の社長に教わった

1つのミスが、なぜか人格否定に発展するので

心に傷を抉られる。

昔からこれには思い悩んで散々な目にあいました。

言った側はすぐ忘れて気にも止めてないからね。

 

所詮はただの言語

 

最近ようやくその解決策が見つかりました。

職場に中国から来た研修生もいるのですが、

細かい日本語の表現や単語はわからないので、

怒られていても、ミスだけを理解するのみ!

動じずに仕事を手早く修正して

淡々としているのを見て

 

あー

僕は日本語の意味を深く考え過ぎている。

誹謗中傷→傷つく、自分を責める、憎む

なにも発展しないし、相手の感情の捌け口として

ストレス発散になるぐらいしかメリットない。

日本語って奥ゆかしさだったり、表現方が多く

漢字一文字にも意味が多く含まれていて

つい深読みしがち

 

という訳で日本語以外できないので

今さら英語勉強しようと思いたちました。

(´-`).。oO(なんでやねん!)

図書館で借りてきただけだけど

三日坊主かもですが、

日本語で考え事ばかりしてしまう頭には

気分転換になります。

誹謗中傷→hibouchusho? 

ちょっと何言ってるか、わからないです方式

 

もちろんミスは反省します_:(´ཀ`」 ∠):

 

マーヤ縫製工場 Tadashi Sugaya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3
トップへ戻る