BLOG

ホームページをつくって、

1年

先輩たちの見よう見まねで

ブログも書きはじめ

何度も変えながらかたちになりました。

仕事の問い合わせや

求人で今までにない人達とも繋がれ

ものすごい成果はありませんが

一歩一歩進んでいる実感はあります。

周りの人に助けられながら

本当に恵まれた環境で仕事ができて

とても充実した年になりました。

 

僕は能力があまりないので、

2つ平行して物事を進めるのが

昔から苦手で

こうしてブログを書くのも

少し仕事に慣れてゆとりが

できた証拠です。

少しずつですが、先輩達に教えてもらった

まだできていないことも

来年にはやっていきます!

 

こんな僕に良くしてくださり

本当にありがとうございました。

来年も良い年をお迎えください。

 

仕事が終わらん

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

今回で5回目の開催

新宿の文化服装学院で

毎年全国から縫製工場が集まって

講演と情報交換する。

今年の講演前半は 佐藤繊維 佐藤正樹さん

その中の話で印象的だったのが

生産国が消費国になりつつある。という言葉です。

中国人の爆買いもわかりやすい例ですが、

僕もベトナムとカンボジアに行きましたが、

ショッピングモールのイオンもあるし、(カンボジアにも)

IMG_0085.JPG

スマホも僕と同じ型のiphoneを使っているし、

カフェに行けばレシートの下にwi-fiパスワードが載っているし、

この間テレビで話題になっていましたが、外国人実習生の賃金の問題も

若い子たちはたぶんSNS等で情報がでまわるので、知っていました。

Facebookで友達になろーとか、言われます。

ちょっと失礼かもですが

自分が想像しているより、現代的で

日本と変わらないんじゃと思っていました。

 

先月に取引先の展示会にお邪魔したときも

東南アジアの国々のバイヤーさんの姿をよく目にします。

 

近い将来ものづくりができることは、

とても貴重でもしかすると

もしかするかもしれません。

 

とてもいいお話が他にも

たくさん聞けました!

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

12 16

サミット

全国から縫製工場が集まるサミットに

参加しました!

毎年モチベーションが上がりマス。

今年は師匠である辻洋装店の辻吉樹さんが

パネレーターとして講義しました。

このホームページをつくったのも

ブログを書くことも

吉樹さんに教えていただきました。

 

僕もまだまだ挑戦することが

足りないと思いました。

忘年会が多い季節ですが、

話していても失敗談=挑戦した人の話は

面白いです。

僕もまだまだ挑戦していくこと!

続いて行きます!

失敗も忘年会の笑い話になるように!

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

12 14

足立区

スマホの画面が割れて、

町の画面修理屋さんで交換して、

なんかガラスの滑り?が悪くて、

ブログ更新が億劫になってました。

 

服もそうですけど、着心地が

悪いと、着るのが億劫になります。

 

最近は足立区のセミナーが終了して、

マーヤの強みや弱みを分析していました。

来年はもっと区と会社を絡めて、

新しいことをします!

 

とりあえず週末はスマホカバー買います。

 

マーヤ縫製工場 菅谷 正

 

 

 

 

12 05

延反

多くの種類の生地を扱います。

全てが素直な生地ではなく、

多く傷があったり、斜行してたり、耳がつってたり

etc..

生地の不良は

返品したりするべきなのですが、

縫製工場には商品を納品期日縛りがあり、

工場の稼働も止まってしまうのもダメだし、

インポートの生地も多いので、

生地と向き合い、なるべく対処します。

報告はします。ヒドイ物は返品

08CC466F-133D-41E8-8127-AA5D84198CDF.jpeg

例えば 耳がつっている時(表現があってるかわからない)

耳のテンションが強すぎて、波うってる。

マーヤでは基本荒裁ちして、縮絨させて、

地の目を整えて正裁ちするので、

多少のモノはそのままで延反しますが、

対処は 耳をぶった切るか、切り込みをいれます。

2C3BB56A-99EF-4E19-98B0-3AFD9A211DD7.jpeg

チョキチョキすると波が消えます。

13BD799C-4342-43E1-86FD-C540A52F9920.jpeg

これでならせばキレイに

キレイに裁断できないと、縫製にシワ寄せがいく。

後工程のことを考えて、丁寧に仕事しないといけない。

と自分に言い聞かせるようにしています。

 

マーヤ縫製工場 工場長

 

 

 

 

1
トップへ戻る