BLOG

IMG_0010.JPG

By 松ノ木塾

 

外国人技能実習制度とは、、、

中国や先日行ったベトナム等の縫製工場経験者や、技能や日本語を教育する学校から外国人を採用し、日本で3年間働くという制度です。農業や建築等のいわゆる労働集約型産業においてよく利用されている制度です。縫製工場においては、近年低賃金で不正に働かせている一部の工場が問題視され、世間の目や国からの審査がより厳しくなりました。

 

技能実習法施行日の閣議決定について

 

201744日、政府は、「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(技能実習法)の施行日を、本年11月1日と定める政令を閣議決定いたしましたので、お知らせします。

By http://www.jitco.or.jp/press/detail/2703.html

 

今年11月から制度改められます。

説明文の解読が大変ですが、「審査がより厳しくなり、手数料上がります。優良企業は3年じゃなく5年に延長していいよ。」的なこと?かと

 

マーヤでは現在数名の中国人実習生がいます。彼女たちは即戦力ですし、労働意欲が高いです。ただ3年から5年になったとて、応急処置にしかならず、どこかでしわ寄せが必ずきます。現にトラブルは年々多くなっています。

 

今一番の課題は技術継承です。祖父の代から働く世代が、若い世代に継承していかなければ、あと数年で、マーヤ産の技術が廃れてしまう危機感は常にもっています。多少リスクを負ってでも人材採用に力をいれていきます。

 

 

というわけで、学生さん大歓迎大募集中ですので、気軽に工場見学しにきてください。千葉の工場では近くに契約アパートがあるから遠方の方でも働けますよー。

 

タダシ

 

 

 

トップへ戻る